クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Classic Live】 N響 9月A定期 ホグウッド ダニエル・ホープ
2009年09月22日 (火) | 編集 |
9月定期公演Aプロ
NHK交響楽団
 
9/20(日)15:00開演 
 於:NHKホール

1 .メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」
2. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
 ヴァイオリン:ダニエル・ホープ
アンコール:ラヴィ・シャンカール「即興演奏曲」
3. メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」

指揮:クリストファー・ホグウッド
NHK交響楽団


 【楽曲と感想】 
 フィンガルの洞窟と、ヴァイオリン協奏曲は、メンデルスゾーンの初稿版を使っての貴重な演奏。メンデルスゾーン生誕200周年ということで、今年は何度かメンデルスゾーンプログラムに接してきました。ところが今回の演奏会は図抜けて出色の演奏会でした。
 ヴァイオリン協奏曲でのダニエル・ホープの研ぎ澄まされた鮮烈な演奏が非常に印象的で心に残りました。ホグウッドとのコラボによる部分もあるのでしょうが、微細な部分の表現にまで徹底的にこだわった演奏に拍手です。アンコールのラヴィシャンカールは、当方アンコールで聴くのが初めてでとてもユニークな気がしました。
 ホグウッドの指揮は、情緒纏綿、躍動感、スピード感あふれる熟慮しつくされた演出効果がズバリ的中していました。スコットランドは、まずこんな演奏、そうそうには巡り合えないだろうというくらいの瑞々しいほとばしるようなスリル感あふれる演奏でした。管楽器の響きを巧みに引き出す工夫も随所に見られ、特に今年でN響を卒業する横川晴児氏のクラリネットソロが切々と胸を打ちました。

 N響アワーやN響演奏会で聴く機会がある方は、ぜひぜひお薦めします。今年当方が聴いたN響の中では一番の演奏ではないかと思いました。

来月は主演客演指揮者となって初めてのアンドレ・プレヴィン指揮のプログラムが組まれています。これまた楽しみです!レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:NHK交響楽団
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
メンデルスゾーン、最近けっこう聴いてます。
これは、録画予約しなくては!
ちょうどG・ボッセ指揮のアマオケの定演で、メンデルスゾーンの序曲「静かな海と楽しい航海」を聴いてきました。”「フィンガルの洞窟」にひけを取らない傑作”と紹介されていましたが、とてもいきいきとして印象的でしたよ。
ところで、今、白洲次郎のドラマを放送していて、今晩が最終回(第3回)です。昭和のジュントルマン道を行く生涯みたいのがテーマで、少しでも興味があれば、せひおすすめです!
2009/09/23(Wed) 14:47 | URL  | steph #z1BmET72[ 編集]
>stephさんへ
 メンデルスゾーン特集は多いですよね。そうですか、「静かな海と楽しい航海」今度探して聴いてみます。白洲次郎もご紹介くださってありがとうございます。うっかり見損なってまして、3回目だけ録画しました。最近白洲旧邸観光ツアーなども組まれていますよね。
2009/09/24(Thu) 07:50 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
武相荘ですね。
武相荘(ぶあいそう)、だいぶ前になりますが、それこそ親のお供で行ったことあります。ゆったりとした日本家屋で、次郎さんの写真や、正子が集めた骨董などが展示されてた覚えがあります。足をのばす機会があれば、建物探訪シリーズにもぴったりかと。ドラマの武相荘は、オープンセットだったみたいですね。
2009/09/24(Thu) 21:58 | URL  | steph #z1BmET72[ 編集]
>stephさんへ
 いろいろ教えて頂いてどうもありがとうございます。ますます行きたくなってきました。白洲邸行かれたんですか。「ぶあいそう」って読むんですね。洒落っ気のある感じでいいですね。ドラマの方も、再放送でしっかりチェックしないとと思っています。
2009/09/25(Fri) 08:10 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。