クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星に願いを ケン・ペプロフスキー カルテット(クラリネット編)
2008年03月02日 (日) | 編集 |
《曲目》
1. グッド・モーニング・ハートエイク 2 .いそしぎ 3. イン・ザ・ウィ・スモール・アワーズ 4.クライ・ミー・ア・リバー 5.愛は海よりも深し 6.月に願いを 7.アイ・シュッド・ケア 8.ラッキー・トゥ・ビー・ミー 9. ジンガロ 10.星に願いを 11.ルビー・マイ・ディア
《Personel》
ケン・ペプロフスキー: Ken Peplowski(cl)/ テッド・ローゼンタール:Ted Rosenthal (p)/ゲイリー・マッツァロッピ:Gary Mazzaroppi(b)/ ジェフ・ブリリンガー:Jeff Brillinger(ds)
《細目》
発売日:2007年12月19日 販売元:ファーストディストリビューション TKCV-35415

 同一曲目をクラリネットとテナー・サックスとでそれぞれ1枚ずつCDに収めたうちのクラリネット。原曲のメロディーをあくまでも尊重し、丁寧に歌い上げるケン・ペプロフスキーの暖かい音色が安らぎの空間を演出してくれます。スリリングなアドリブはありませんが、合わせて歌いたくなるような情緒があふれています。アップテンポのアレンジもなく、どの曲もスローミディアムテンポで仕上げられています。
 個人的には、4.5.7.などはボーカルで聴くと少し平板で退屈に感じることが多いですが、むしろこれらの曲の出来が秀逸だと感じました。ボーカル以上に「よく歌う」ケン・ペプロフスキークラリネットといったところでしょうか。
 ピアノのテッド・ローゼンタールが華やかな彩りを添えており、統一感のある上質なジャズの名盤ですね!サックス編も今度聴いてみます。

つたないブログですが、ポチっとお願いできたらm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング


スポンサーサイト
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。