クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 明治学院 礼拝堂(チャペル)
2010年10月26日 (火) | 編集 |
明治学院 礼拝堂(チャペル)
白金高輪、高輪台徒歩10分(大学HPはこちら)

 東京文化財ウィークで公開される明治学院大学内の近代建築は、インブリー館(記事はこちら)、礼拝堂明治学院記念館の3つです。今回は第2弾。礼拝堂(チャペル)をご紹介します。今年は11/1-3の3日間一般公開されます。お出かけされる方は、詳細は下記バナーをクリックし、港区のpdfファイルをご覧ください。実はこの記事、去年の探訪記です。
bunkazaiweek_img_bunner.jpg

s-PB010374.jpg
キャンパスに通じる坂道を昇りつめた左手にあるのが礼拝堂。ヴォーリズの設計による大正5年の建造物です。尖塔の形がユニークですね。

s-PB010367.jpg        s-PB010365.jpg
礼拝堂の内部です。右は礼拝堂正面の演台です。

s-PB010362.jpg        s-PB010407.jpg
十字架をかたどったステンドグラス。右は、明治学院大学創設者のヘボン博士のメダリオン(肖像画のレリーフ)。

s-PB010406.jpg

★★★☆
ヘボン博士は、ローマ字表記法のヘボン式に名前を残す明治学院大学の創設者。明治期には、クラーク、モース、ラフカディオ・ハーン、フェノロサなどなど優秀な外国人が数多く滞在していたわけですね。
 ローマ字表記が何?ってつい思いがちですが、実は今文字を入力しているのも、ローマ字変換です。日本語表記の根幹に関する大変偉大な足跡なわけですよね。カナ変換よりローマ字変換の人の方が圧倒的に多い今日この頃です。レンタルCGI

ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。