クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 旧愛新覚羅溥傑邸 ゆかりの家
2010年11月13日 (土) | 編集 |
旧愛新覚羅溥傑邸 ゆかりの家 
千葉市 京成稲毛駅 徒歩15分
  HPはこちら

s-PA250235.jpg
 ラストエンペラー(溥儀)の弟愛新覚羅溥傑が、日本の皇族浩夫人との成婚後まもない昭和12年に半年間ほど過ごした別宅です。目まぐるしい運命に翻弄された流転の生涯のなかで、この別荘で過ごした時期は、片時の幸せな時期だったかもしれません。

s-PA250254.jpg        s-PA250261.jpg

s-PA250262.jpg        s-PA250266.jpg
 部屋の中には貴重な資料や、当時をしのぶ陶器や掛け軸なども保管・展示されています。

s-PA250248.jpg        s-PA250240.jpg
        
s-PA250253.jpg
 気品漂うお妃と溥傑氏の幸せそうな姿がとても印象深いです。

s-PA250241.jpg        s-PA250264.jpg

s-PA250267.jpg
 玄関のすぐ右の写真は、日中国交回復後に何十年ぶりかにこの邸に溥傑氏が訪ねてきたときの写真だそうです。走馬灯のように思い出がよみがえったのではないでしょうか。

★★★☆
溥傑氏の娘慧生(えいせい)さんは、昭和32年に天城山中でピストルによる心中自殺を遂げています。推理作家高木彬光氏の「成吉思汗の秘密」ではこの事件を題材に壮大な歴史ロマンを繰り広げています。角川推理ブームで白羽の矢が立てられたのは、横溝正史、森村誠一とこの高木彬光の3人でしたね。「白昼の死角」は映画化されました。
レンタルCGI

ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
建物探訪興味深い♪
ゆかりのある家とか残っているのですねー
千葉なんですか 本当興味深い♪
歴史に翻弄された2人ですよねv-390
本当ですね。ここで幸せな時を、ひと時過ごされたのでしょうね♪
また娘の慧生さんも謎というか、数奇な運命ですよね、、

また紹介して下さい。v-424


2010/11/14(Sun) 00:09 | URL  | whitypearl #-[ 編集]
コメント大感謝です!
whitypearlさんも よくご存じですね。
ラストエンペラー関係のお話、知れば知るほどいろんな興味がわいてきますよね~。
ぜいたくではない質素な暮らしぶりも何となく胸を打つものがありましたね。

励みになります。いつも本当にありがとうございます。
2010/11/15(Mon) 00:19 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。