クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Classic Live】 ポール・メイエ(cl) a Frenchman in America
2010年12月13日 (月) | 編集 |
a Frenchman in America
ポール・メイエ(指揮・クラリネット)

東京佼成ウインドオーケストラ 
第107回定期演奏会
 
12/9(木)19:00開演 
 於:東京芸術劇場

1 .レナード・バーンスタイン:キャンディード序曲
2. ストラヴィンスキー:エボニー・コンチェルト
 (ギター:尾尻 雅弘)
3. レナード・バーンスタイン;前奏曲、フーガとリフ
 (ピアノ:三舩 優子)
4. モートン・グールド:デリヴェーションズ
5. レナード・バーンスタイン:シンフォニック・ダンス
6. ジョージ・ガーシュイン:パリのアメリカ人

指揮:ポール・メイエ(2.3.4クラリネット)
東京佼成ウインドオーケストラ


s-23896532566.jpg

 【ポール・メイエの吹き振り】 
 東京佼成ウインドの首席指揮者を務めるクラリネット界の貴公子ポール・メイエ氏が独自編集したプログラムです。氏がアメリカ音楽への思いをこめたプログラムです。コンサートの表題「A Frenchman in America」は「パリのアメリカ人」にかけた洒落たネーミングですね。
 メイエ氏の吹き振りは上記2-4の3曲。クラリネットのソロパートも大変多いので、コンマスの須川展也氏が代わりに大半の指揮を勤めていて、かなり大変そう忙しそうでした。個人的にはモートン・グールドのデリヴェーションズでのメイエ氏の瑞々しく歯切れのよいクラリネットソロが強く印象に残りました。
 指揮に専念した後半の2曲が実に完成度が高くて素晴らしかった!佼成ウインドのアンサンブルの統一感、躍動感、とりわけパーカッション部門のシャープな切れ味は秀逸でしたね。佼成ウインドを生で聴くのは初めての機会でしたが、「また次も」と思わせるものを多々持っています。メンバーも若い人が多くて、楽団としてのまとまり結束力も強い感じです。
 
【メイエの追っかけ】 
 ここ3年ほどでメイエ氏のライブに訪れたのは、
1)2008.7.18 東フィル 第757回サントリー定期 指揮:ポール・メイエ (記事はこちら
2)2009.2.24 ポール・メイエ クラリネットリサイタル ピアノ:エリック・ルサージュ(記事はこちら)
3)2009.2.27 モーツァルト:クラリネット協奏曲 N響 カルロス・シュピーラー (記事はこちら
4)2009.12.7 レ・ヴァン・フランセ パユ、ルルー、オダーン、ルサージュらとの6重奏団
    素晴らしいコンサートでしたが、まだ記事書いてませんm(__)m

今回もサイン会に嬉々として参加。メイエさんが、「フックスの五重奏曲はとても良い曲ですよ」と英語で話しかけてくださいました。こういうときのとっさの返しの英語、難しいです。気のきいたことが言えない(^^ゞ手前が、ポール・メイエ氏、奥がコンサートマスターであり、サックスの第一人者でもある須川展也氏。

s-PC090097.jpg

s-02365420.jpg        s-298563254.jpg

★★★★
吹奏楽団なので、聴衆に中高生が多いですね。若い人たちはとても熱心で、とても良いお客さんですね。本編の前に、トロンボーンとクラリネットの四重奏団によるプレコンサートが行われました。須川さんの案内でメンバーを楽しく紹介してくれます。欲を言えば、プログラムにもプレコンサートの演奏者と演目を書いておいてくれると、今後CDを探したりするときに都合が良いのですが。
 
レンタルCGI

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング


スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
こんばんは。
先日は大変お世話になりました。
メイエの吹き振りですか・・・
聴きたかったなぁ。
私もメイエの大ファンなんです。
昨年のル・サージュとのデュオ、レ・ヴァン・フランセのコンサートは、私も聴きに行っておりました。素敵な、本当に素敵なコンサートでしたね。
メイエのような常に幸福感を与えてくれる音楽家は、是非ライブで聴きたいです。
また、是非コンサートご一緒しましょう。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2010/12/15(Wed) 23:17 | URL  | romani #8DRVcpnw[ 編集]
ようこそ
romaniさん おはようございます。

そうなんですか~ 昨年のメイエ、リサイタルとレヴァンフランセ行かれたんですね。お好みが同じ傾向なのかとてもうれしく思います。

メイエはファンということもあるでしょうが、行って失望したことがないんですよ。おっしゃる通り幸せな気分になれますね。

レ・ヴァン・フランセは実に良かったですよね。めったにないくらい感動したコンサートでした。現代フランス最高峰のメンバーが揃いましたよね。パユ、オダーン・・胸がいっぱいになってしまいました。自分は王子ホールに行きました。こちら会員なのでいい席が予約できるんですよ。ぜひ今度ご一緒しましょう!

ところで、ROMANIさんは、アンヌ・ケフェレックさんもお好きのようですが、私もとことんツボなんです。あの優しく包み込むような音色がどうやったら出せるのか。こちらも追いかけたい演奏者の一人です。
2010/12/16(Thu) 10:15 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。