クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 富岡製糸場
2011年07月15日 (金) | 編集 |
富岡製糸場
 上信電鉄上州富岡駅徒歩15分 入場料大人500円  HPはこちら

 明治5年官営工場として操業を開始、昭和62年まで115年間操業が続けられました。現在、世界遺産登録を目指した活動が進められています。国の重要文化財

0P7100178.jpg

東繭倉庫
明治5年竣工。繭の貯蔵庫。木骨レンガ造。

0P7100166東繭倉庫       0P7100171東繭倉庫
左:あじさいと東繭倉庫

0P7100174東繭倉庫       0P7100107.jpg
右:明治5年の表示のあるキーストーン

0P7100136.jpg
東繭倉庫入口の内側。今回強く印象に残った小景。

    
検査人館/女工館
0P7100138検査人館       0P7100143女工館
明治6年竣工。左はフランス人技術者居住宅の検査人館。右はフランス人女性指導者向け住宅の女工館。

繰糸場
0P7100164繰糸場       0P7100158繰糸場
明治5年竣工。建物内部に入り、自動繰糸機を見学できます。

診療所/ブリュナ館
0P7100147診療所       0P7100148ブリュナ館
左は診療所、右はフランス人指導者ポール・ブリュナ宅。

乾燥場/煙突
0P7100134乾燥場        0P7100117.jpg

鉄水槽/副蚕場
0P7100128鉄水槽        0P7100125副蚕場

西繭倉庫
0P7100115西繭倉庫        0P7100124西繭倉庫

0P7100122.jpg
富岡製糸場のトレードマークと言ってもよいほど印象付けられるグレーの窓とレンガのコントラスト。

★★☆
 富岡製糸場へは、ものすごく期待でわくわくして出かけたのです。ですが、正直言うと期待の半分以下でした。施設の数や規模は想像以上、保存状態も良く、外観は度肝を抜かれるものでした。ただし、内部に入れたのは東繭倉庫の一部(お土産店がある)と、繰糸場の内部(機械はビニールで覆われてテカテカ光ってます)のわずかに2か所だけ。内部をしっかり補強整備して、オープンに見学できる状態にしてほしいです。
 解説も外の炎天下で立ち尽くしながら聴くのですが、1時間ほぼ立ったままというのは過酷です。冷房付きの解説室を新設するなどして、見学者に負担をかけない工夫をすべきなのでは? 
 世界遺産登録を町ぐるみで目指しているようで、ぜひ実現してほしいと思います。ただ、上記の不満をぜひ解消してほしいです。登録認定審査のとき、お偉いさんにだけ内部を公開するというのはアンフェアです!レンタルCGI

ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。