クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 軽井沢タリアセン
2011年09月05日 (月) | 編集 |
軽井沢近代建築のコンプリートを目指し、再来訪。レンタサイクルで軽井沢駅から約30分。高原の涼風が心地よかったです。タリアセン(HP)は、スポーツ設備、美術館、建造物などがある総合レジャー公園。

明治四十四年館(旧軽井沢郵便局舎)

明治44年建造。かつては旧軽井沢銀座にあった木造2階建て洋館の郵便局を移築保存したもの。2階は深沢紅子野の花美術館として利用されています。
0P8120003.jpg

0P8120006.jpg      0P8120044.jpg
右:夏季特別展「深沢紅子野の花かるた展」が開催されていました。

睡鳩荘(旧朝吹山荘)

睡鳩荘(すいきゅうそう)はヴォーリズ設計による昭和6年築の旧別荘。
フランス文学者の朝吹登水子の別荘として使用されました。
0P8120031.jpg

0P8120011.jpg   0P8120009.jpg
見る角度によっても、いろいろな表情が楽しめます。この建物はとても見所の多いナイス建築でした。

0P8120022.jpg     0P8120019.jpg

0P8120017.jpg
凝った作りの内装・調度です。落ち着いた重厚な趣味ですね。

軽井沢・夏の家(レーモンド別荘)

アントニン・レーモンド設計。昭和8年に建設したレーモンドのアトリエ「軽井沢・夏の家」。現在はペイネ美術館として使用されています。
0P8120042.jpg

0P8120038.jpg   0P8120036.jpg

02011081111.jpg   020110822222.jpg
レイモン・ペイネ(1908-1999)はフランスのイラストレーター、漫画家。メルヘンチックな男女の絵が特徴です。興味をもった作品はたくさんありましたが、上2枚のポストカードを買いました。

建物自体は大分痛みがあり、かなり改築された感じです。ただ涼を取るにはとても好都合な構造をしていると思いました。


★★★
今年二度目の軽井沢散策でしたが、まだまだコンプリートには程遠いですね(^-^;次からの探訪は、名古屋、大阪、京都、滋賀あたりを目指します。
 お盆休みは8/12~8/15のたった4日間。初日は軽井沢散策。二日目はマーちゃんのサイン欲しさにマンハッタン・ジャズ・クインテットのコンサート。三日目はエコール・ド・パリと聞くと馬鹿の一つ覚え的、というかパブロフの犬的というのか?必ず行ってしまうもうやだを大変温かく迎えてくれた平塚美術館。四日目は、まさか伝説の大ネタ「山の穴」はやらないだろうとは思いつつ、「熱演仕り候」てな安易な誘い文句に釣られて円歌師匠がトリの鈴本演芸場へ。・・・・と貧乏暇なし?のエンタメ三昧でございましたm(__)mレンタルCGI

ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。