クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Jazz Live】 東京Jazz 2011 9/4 夜公演 "The Jazz Special"
2011年09月08日 (木) | 編集 |
東京JAZZ2011
於:東京国際フォーラム ホールA

The Jazz Special
9/4(日) 18:00開演   
1. 日野皓正SPECIAL PROJECT

2. Tokyo Jazz Super Guitar Session:
 リー・リトナー、マイク・スターン、布袋寅泰

3. DMS :ジョージ・デューク、マーカス・ミラー、
デヴィド・サンボーン

今年も行って参りました「東京Jazz」。連続4年目。9/2~4の3日間行われるジャズのビッグイベントです。
 公式HPはこちらです。

020110903265.jpg  0P9040115.jpg
 
 今年の出演者は、去年・一昨年ほど自分にとってツボではなかったので、デヴィッド・サンボーンとリー・リトナー目当て、日曜夜の部を聴いてきました。デヴィッド・サンボーンは2008年以来の登場ですね(2008年の記事はこちら)。国際フォーラムホールAは、5月のGWのラ・フォル・ジュルネ(LFJ)では使えなかったので、今回は久しぶりのホールAで随分嬉しい気がしました。

0P9040113.jpg 0P9040116.jpg
 地上広場では、ファーマーズ・マーケットの無料ライブが行われていました。否が応でも盛り上がりますね。しかも、大企業が協賛した大イベントだけに、演出が凝っています。舞台背景や照明、広告、アナウンスなどなども斬新で、魅力的です。これも見所のひとつなんですよね。

日野皓正SPECIAL PROJECT 》★★
 PROJECT feat. 佐藤允彦、dj honda with 石井彰、日野JINO賢二、須川崇志、田中徳崇、矢野沙織、荻原亮

 「シティ・コネクション」「TKNYO2」ほか3曲。ロックジャズのスタイル。現代のジャズを追求したパフォーマンスでした。矢野沙織の爆裂するアルトソロと日野の新境地的なトランペットソロは、なかなか充実していたと思います。ただ、自分は、マイルスのエレクトリックジャズなど後年の作品を一切聴こうとはしない典型的なジャズファンですので、演奏に「感動」したということではありません。日野のtpはシャープ&フラッツのゲストで出演したとき以来(記事はこちら)でしたが、随分演奏スタイルが斬新でしたね。古いジャズファンにはちょっと無理です。観客も、リー・リトナーやマーカス・ミラーあたりのフュージョンファンが大半を占めていたと思われ、そんなこともあり、拍手もかなりまばらな感じでした。
 久しぶりにジャズ界の重鎮・実力者である佐藤允彦氏のソロを聴けたのも収穫でした。彼は、枠にはまらない音の魔術師的な存在ですね。

Tokyo Jazz Super Guitar Sesson》★★★
 ウエストコーストの風のような爽快感のあふれるリー・リトナーのギター。健在ぶりを発揮してくれました。冒頭曲ののリリカルでメロディアスなプレイは大変印象的でした。その後マイク・スターンとのエネルギッシュなバトルが続きました。マイク・スターンとの相性もばっちりですね。そして、最後に布袋寅泰が加わっての大フィーバー。コンセプト的に接点が少なそうな3人ですが、リー・リトナーの懐の深さなんでしょうか。3人が触発し合いながら、個性が十二分に表出したセッションだったと思います。布袋氏は、黒づくめのスタイルで、しぐさ一つ一つがサマになっていて、ジャパニーズ・ロックスターと紹介された通りのパフォーマンスでした。アコースティック・ジャズから、ロックへと演奏スタイルがめまぐるしく変わったステージでした。

DMS》★★★★☆
 フュージョン界の大物3人、ジョージ・デューク、マーカス・ミラー、デヴィド・サンボーンで結成されたDMSというグループ。マーカス・ミラーのMCはサービス精神に富んでいてとても楽しいですね。マーカス・ミラーは歌はもちろん、バス・クラリネットを吹いたのにもびっくりしました。ジョージ・デュークは、ショルダー・キーボードでステージ上を駆け回り、伸びのある声での「スウィート・ベイビー」も聴かせましたね。何よりデヴィド・サンボーンの充実ぶりには驚きました。絶好調ですね。3年前の同じく東京Jazzのステージのときと比べても格段に充実したアドリブプレイでした。ときには情感豊かに、ときには火を吹くようなアルトサックスでした。最後にはハミングだけでなく歌まで聴かせてくれました。
 楽しいパフォーマンス集団であり、最高のテクニシャンたちでもある彼らのステージは、実に楽しめました。一昔前なら、メインストリームではないという辛口評価もありうるのでしょうが、彼らの良質で楽しさにあふれるエンターテイメントは、1つの頂点を極めているのだと間違いなく言えるでしょう。

0P9050117.jpg
グッズも人気がありますね。Tシャツは最終日最終ステージともなると売り切れでした。今回はボールペンとトートバックを購入しました。
 
ステージ終了が夜10時。長くて楽しいジャズのお祭りでした。「どジャズ」そのものではない幅広いアーチストの参加があるのも、それはそれでにぎやかですね。来年もジャズを愛好する皆さんと盛り上がりたいです。
 「本格ジャズ」が楽しみたい向きにはやはり「コンコード・ジャズ・フェスティバル」がつぼでしょうね。今年はこちら。こちらでも日野皓正登場ですね。スコット・ハミルトンも久々の登場で今から待ち遠しいです。
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
知ってはいましたが♪
足を運んだことはありませんでした。

もうやださんは本当にJAZZもクラシックも
詳しいし本当に趣味がいいですね。
凄いと思う♪♪ 

デヴィド・サンボーン♪
は昔良く聞きました。
最近聴いていませんが、、、健在なのですね♪♪
絶好調ですか♪ すご~い♪

あとMJQ 記事も読みました。
実はあまり聞いたことがありません、、、
勿論有名だから しっていますがとっても良いコンサートだったみたいですね♪

やっぱり 生って(あれお洒落じゃないな) いえ ライブって本当
いいですね♪ 私も秋の夜長は
JAZZにひたろうと思いま~す♪♪
2011/09/20(Tue) 23:00 | URL  | whitypearl #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
おはようございます!
デヴィッド・サンボーンはとても素晴らしかったですよ。かなり調子がよくて聴きごたえがありました。MJQもお勧めですね。マーちゃんのおしゃべりもとっても楽しいです。秋はじっくりジャズにひたりましょうね。

いえいえ、全然詳しくないです。自分の知ってることだけ記事にしているという感じ(^^ゞです。どうもありがとうございます。
ライブは大好きなんですが、クラブやライブハウスには足が向けにくいのでコンサート会場しかほとんど行かないのが、ジャズファンとしては弱点ですね。

前のコメントでお返事忘れていましたが、ヨッシィは、とても元気です。飛び回るほどの元気さはありませんが、ぴょんこぴょんことしてることもあります。まぁ年相応というところですね。

台風が今日は迫っています。お気を付けくださいね。
2011/09/21(Wed) 10:01 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんにちは。好きなジャンルのMP3の曲を1日数百曲無料で自動ダウンロードできます♪こんな方法があったらあなたは知りたいと思いませんか?ぜひこちらをご覧下さい。
2011/09/14(Wed) 07:20:30 |  【自動で好きなだけ音楽無料ダウンロード】
プロのトランペット奏者を目指してプロのレッスンを受けていたにもかかわらず全く上達できなかったのに、1日30分1ヶ月!で上手くなってしまったトランペットの吹き方の「コツ」を知りたいですか?何をどうしても上手くなれなかったのになぜ1日30分1ヶ月でコンチェ...
2011/09/12(Mon) 07:15:33 |  目からウロコのトランペット上達法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。