クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 自由学園南澤キャンパス
2011年09月17日 (土) | 編集 |
自由学園 南澤キャンパス
自由学園の公開講座として、年4回開催される「「四季折々の自由学園南沢キャンパス―遠藤新の建築―」 に参加することで、東京都選定歴史的建造物5棟(初等部食堂、女子部講堂、女子部食堂、女子部体操館、男子部体育館)と自然あふれるキャンパスを見学することが出来ます。通常は外部者非公開の施設です。
 受講料2,000円。詳しいガイドつきで2時間の見学ツアーです。詳細はこちら 次回は11/28(土)と2012年1/28に予定されています(HP)。

池袋にある自由学園明日館(F.ライト作)と紛らわしいですが、自由学園 南澤キャンパスはひばりが丘駅が最寄の現役校舎。ライトの日本人弟子である遠藤新設計の建物群です。女子部食堂の5角形で縦枠という基本デザインは明日館を踏まえています。


初等部食堂
0P8060218.jpg
1931年 遠藤新設計

0P8060229.jpg    0P8060227.jpg
内部の椅子やテーブルなども手作り感あふれるオリジナルデザインの調度です。


女子部講堂
0P8060254.jpg
1934年 遠藤新設計

0P8060258.jpg  0P8060250.jpg
左右両側の列は、中央よりやや高い位置に座席が設けられています。木製の長椅子などのデザインも含めて、池袋の自由学園 明日館講堂と共通点が拾い上げられます。

女子部食堂
0P8060279.jpg
1934年 遠藤新設計

0P8060286.jpg    0P8060276.jpg
内部は改装・補修工事を行っていました。次回の公開日には修復は終わっているそうです。むき出しになった木組みを見学できるのは貴重な体験とのことでしたが、当方そこまでの建築マニアではないかも(^^ゞ


0P9110004.jpg    0P8060243.jpg
左:改修工事の際に出た木材(米松)を使ったメモ立てが、参加者にプレゼントされました。
右:キャンパスで飼われている鶏。キャンパス内の植物や芝生の手入れも全部生徒たちが行います。本校の教育理念は「自労自治の精神」です。


女子部体操館
0P8060235.jpg
1934年 遠藤新設計
内部は見学できませんでしたが、とても絵になる情景ですよね。今回の一押し!中央の後ろの大木の陰に隠れていますが、女子部食堂の五角形縦スリットが辛うじて見えますね。

0P8060293.jpg    0P8060273.jpg
体操館の前に広がる芝生がきれいに手入れされています。


男子部体育館
0P8060297.jpg
1936年 遠藤新設計

男子部の方は、予算が尽きたのであまり建築にお金をかけられなかったのだそうです。何だかさびしい話だなと思いました。


女子部教室
特別に女子部の教室もみせてもらいました。
0P8060287.jpg

0P8060288.jpg     0P8060289.jpg



★★★☆
参加者は総勢30名ほどで、大変にぎわっている印象でした。公開講座と名のつくものには初参加でしたが、楽しいものですね。他にも建築散歩ツアーなどの公開講座もありますので、機会をみつけて参加したいです。とても充実した内容の公開講座でしたよ。年4回南澤キャンパスツアーは行われます。
レンタルCGI

ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。