クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 自由学園 明日館
2011年09月18日 (日) | 編集 |
自由学園 明日館
 自由学園 南大沢キャンパスの記事に続いて、自由学園 明日館のレポートです。明日館へは2回ほど訪ねたことがありますが、何度でも行ってみたい「お気に入り」の場所です。HPはこちら。土日祝は結婚式などで見学不可の場合が多いので、見学日は事前にHPで要チェックです。池袋駅のメトロポリタン口から徒歩10分ほど。道が入り組んでいますが、道案内の看板に沿って行くと迷わずたどり着けます。


0P6100282.jpg
 1921年築。巨匠フランク・ロイド・ライト作品で、日本に残存する数少ない名建築。五角形の縦スリットの正面が、とても印象的なモチーフとなっています。弟子の遠藤新設計の南大沢キャンパスでも、この五角形のモチーフは随所に用いられています。この五角形、車のロールスロイスの前面デザイン(グリル)ともよく似ている気がします。全くの主観ですが。


食堂
0P6100322.jpg    0P6100325.jpg
右:食堂で用いられているオリジナルデザインの椅子(遠藤新)。照明はライトのデザインによるものです。

0P6100326.jpg    0P6100327.jpg

0P6100323.jpg
NHKドラマ「胡桃の部屋」(HP)では、この食堂が、三女陽子(臼田あさ美)の働く喫茶店の撮影に用いられていました。俳優陣の名演技が光る人間の心の懊悩を描き出した秀作ドラマでしたね。没後30年にあたり向田邦子の原作をドラマ化した作品でしたが、視聴率も高く、根強い向田人気ぶりを如実に示しましたね。


ホール
0P6100320.jpg
外から見た印象的な縦スリットの部分の裏面に位置するこのホール。光の差し込み方、神々しささえ感じさせる空間です。ここは、山崎豊子ドラマ不毛地帯(HP)で、主人公壱岐正(唐沢寿明)の娘直子(多部未華子)と敵対ライバル鮫島(遠藤憲一)の息子倫敦(石田卓也)とが知り合うきっかけになった図書館の舞台として印象的に使われていました。

0P6100306.jpg    0P6100310.jpg

0P6100313.jpg     0P6100319.jpg
左:喫茶付見学(600円)は、ホールで茶菓子付きのコーヒー/紅茶を味わうことができます。これは贅沢な時間ですよ。
右:食堂付近にはライトの資料室があります。

大会議室
0P6100301.jpg

講堂
0P6100290.jpg
1927年築。遠藤新設計。ホール最後部の部分もおなじみの五角形縦スリットのモチーフが効果的に用いられていますね。

0P6100294.jpg  0P6100299.jpg
左:最後部2階。臙脂色の椅子が特徴的です。
右:講堂の外観。南大沢キャンパスの女子部講堂(同じく遠藤新設計)とも造りが似ていますね。

帝国ホテル 玄関
110501_153710.jpg
フランク・ロイド・ライト作の帝国ホテルは解体されましたが、玄関部分だけは、明治村(HP)に保存されています。
玄関部分だけとは客室部分などがないだけで、かなりの広さで保存されています。外容は明日館とは共通項が全くないユニークなデザインですが、2階にある喫茶室の雰囲気は明日館の食堂とも大いに近似するところがありました。

明治村にも先日行ってきました。記事を書かねばと思いつつ、めげてるのは、計60くらいある建築物を1日1個ずつ書くべきなのかを本気で迷ってるんです(^^ゞ それに、調子に乗ってデジカメ写真を撮ってたら360枚撮影した時点でバッテリー切れ。スペアを用意しておくべきなんですね。こういうときって(泣)。従いまして、後半にたどりついたロイドの帝国ホテルは携帯写真です(青汗)。

★★★★★
当方つたない「建物探訪」の記事をいたずらに書き続けています。まあまあそこそこ数も見てきました。単刀直入に「一番のお勧めは?」と問われたら、当方、この自由学園 明日館、ベスト3には必ず入れると思います。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。