クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【展覧会】 モーリス・ドニ 損保ジャパン東郷青児美術館 
2012年01月03日 (火) | 編集 |
モーリス・ドニ
  いのちの輝き、子どものいる風景 

 損保ジャパン東郷青児美術館 2011/9/10~11/13 (終了) HPはこちら

0docu0003.jpg
 「家族の肖像」1902年

モーリス・ドニ(1870-1940)はフランス象徴派を代表する画家。宗教画や家族・子どもをテーマにした作品を数多く残しています。今回の展覧会はドニの描く家族・子どもを主題とした作品を中心にした展覧会でした。

0docu0004.jpg
 「バルコニーの子どもたち、ヴェネツィアにて」1907年
 イタリアのヴェネツィアを家族と旅したときの作品。背景にサン・ジョルジョ=マッジョーレ教会、中央は4女マドレーヌ、お揃いの服を着た左右の姉妹。左はベルナデット、右はアンヌ=マリー。
 写真やスケッチをもとにして描いていますが、構図的にはさらに改良を加えています。

0docu0005.jpg
 「子どもの身づくろい」1899年
 上の左の姉ベルナデットが赤ちゃんのときの絵。髪をスポンジで洗っている場面ですが、ふくよかな肉感、赤みを帯びた皮膚など、優しさ・温かみがあふれる描写です。

★★★
ボナールらとナビ派を結成したドニですが、ボナールの暖色系で素朴な味わいとも共通する部分を感じますね。その後、スイスのセガンティーニ展が行われましたが、期間が1カ月ほどだったので、残念ながら見逃してしまいました。

 しばらく展覧会記事が続きます。クラシック、ジャズ、近代建築、落語…書きたくてうずうずしていますが、書く順番で迷ってるとまた時日が経ってしまいますので、半ば強制的に展覧会記事を吐き出していきますm(__)m

 にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。