クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【展覧会】 モーリス・ユトリロと魅惑の風景画 笠間日動美術館
2012年01月08日 (日) | 編集 |
モーリス・ユトリロと魅惑の風景画  
 笠間日動美術館 2011/9/16~2011/11/23(終了)  HPはこちら

03325654556.jpg
モーリス・ユトリロ「モンマルトルのシュヴァリエ・ド・ラ・パール通り」1914年

ユトリロ大好きで、開催期間中にぜひと思ったのと、常設展もかなり充実している旨聞いてましたので、良いチャンスだと遠路出かけました。常磐線の友部駅から1時間に1本ペースで出ている笠間市内観光周遊バスが便利です。
12546512321.jpg 0PB200241.jpg
入ってすぐのところに企画展会場があり、そこから中庭(彫刻展示の丘)を抜けて、常設展会場へと向かいます。施設内が少し入り組んでいますので、常設展会場がわからずそのまま帰ってしまう人もいそうです。

6365698965622.jpg   6324565465.jpg
左:ユトリロ「ラパン・アジル」1912年  右:シャガール「村の通り」1937-40年

ふだん眼にしないユトリロ作品など貴重なコレクションを堪能できました。ただ、絵葉書類など今回の展示に結びついたグッズ類の販売がほとんどなかったのがさびしいです。なぜか今回展示されていない作品のグッズを中心に売られていましたね。

0PB200240.jpg  0PB200234.jpg
丘の斜面に彫刻が展示されています。紅葉が見ごろの季節でした。

632756756.jpg   63236655456.jpg
左:ルノワール「泉のそばの少女」1887年 右:カンディンスキー「活気ある休息」1923年

常設展は、評判に違わず充実した内容の展示に感嘆しました。画家のパレットを収集展示しているパレット館も特徴的ですね。色とりどりの絵を描いたりしたパレットがかなりの数展示されています。

★★★★
また機会があったらぜひ訪れたい美術館ですね。美術館と春風萬里荘との共通入場券を購入し、この後春風萬里荘に向かいました。
 にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。