クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【美術館】 竹久夢二美術館・弥生美術館
2012年01月14日 (土) | 編集 |
 竹久夢二・弥生美術館 
中原淳一の少女雑誌「ひまわり」展

千代田線根津駅より徒歩7分 (HPはこちら) 入館料900円 

弥生美術館と竹久夢二美術館は共通入場できます。

63295647982165324622.jpg
戦後期の少女雑誌の表紙イラストで好評を博した中原淳一作品展示。戦局が激化する時期には、中原氏も作品発表ができませんでした。復活後の戦後に大ブームを迎えます。

PC110014.jpg    PC110015.jpg

弥生美術館は大正期の作品展示なども多く、竹久夢二とほぼテーマが共通するようなレトロな雰囲気の漂う美術館です。レトロタッチの作品が大好きな当方は、弥生美術館・竹久夢二美術館の友の会(HP)に入っています。

632356456323691638253.jpg
友の会の会員証です。入会金3000円で、1回2名まで年4回(のべ8回分)入場できます。通常1回入場料が900円なので2人で年2回以上行くのであれば、会員がお得ですね。ポスターや会報も年4回送ってきます。

★★★
根津神社や東大が近くにあり、少し足を伸ばせば不忍池までもほど近い距離にあります。帰りに国立博物館の庭園公開をみてきました。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。