クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 和敬塾本館 旧細川侯爵邸
2012年01月17日 (火) | 編集 |
和敬塾本館 旧細川侯爵邸
和敬塾本館は、事前申込制で5月~12月の期間月に約2回公開日が設定されています(詳細はこちら)。有楽町線護国寺駅から15分ほど。近くには聖カテドラルマリア大聖堂(記事)、野間美術館、永青文庫など名所が立ち並ぶ地域です。

PA300087.jpg
1936年に建てられた細川家邸宅。イギリスチューダー・ゴシック様式。灯りのともる部屋が1階食堂。

468593216856632.jpg PA300092.jpg
左は解説のパンフレット。館内撮影は可能ですが、HP上での公開は禁止とされています。残念ですが、数多くのお見せしたい写真は封印します。現在は学生寮の施設の一部として活用されています。

PA300014_01.jpg PA300091.jpg
半円のサンテラスをもつ1階の「魚の間」、三連アーチと植物図柄の壁紙が印象的な2階サロン、大ホールと階段など見所は満載。

PA300088.jpg
半円に突き出した出窓の部分が特徴的。上記「魚の間」のテラス部分です。

PA300046_01.jpg PA300073.jpg
詳しい案内をして頂いたあと、見学の最後には大食堂でチーズケーキとコーヒー(紅茶)のサービスがあります。うれしいサプライズでした。

★★★★★
事前申込が必要な施設は、何かと面倒ではありますが、この和敬塾本館は多少の手間は問題ないくらいに価値の高い文化遺産でした。内部の写真は、和敬塾のHPには掲載されています。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。