クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 大倉山記念館
2012年01月31日 (火) | 編集 |
大倉山記念館
東横線大倉山徒歩8分(HP)。大倉邦彦により1932年「大倉精神文化研究所」の本館として創建。

P7100284.jpg
大倉山公園は梅林でも有名。公園内にある大倉山記念館までは、急勾配で息が切れますね(^^ゞ 横浜市が管理し、市民に開放された施設として利用されています。

P7100288.jpg  P7100289.jpg
設計の長野宇平治は、東西文化の融合の趣旨を踏まえて、古代ギリシャ以前の”プレヘレニック様式”という希少な建築様式を用い、東西文化が溶け合った独特の様式美を持つ建造物を創出したとされています。

P7100290.jpg  P7100291.jpg
プレヘレニック様式とは、ヘレニズム(ギリシア)文化の前ということで、エーゲ文明などがそれに近いわけです。ただ、これにはプレへレニック様式ではないとの指摘もあるよう(参照)で‥深入りしませんm(__)m

P7100306.jpg  P7100302.jpg

P7100304.jpg  P7100298.jpg

P7100296.jpg
塔屋の内側には、神獣をめぐらせています。インパクトのある彫刻です。

P7100307.jpg
ギリシア神殿を思わせる建物ですよね。

【大倉山周辺】

P7100317.jpg      P7100318.jpg
街の通りはエルム通り。ギリシアの有名なショッピング街から取った名前です。街の景観もギリシア風の建物が数多く並びます。エルム街の悪夢をつい思い出すのは当方だけ?m(__)m

P7100321.jpg
坂道の上がり口にある「不滅への飛翔」像。アテネ市との姉妹提携を記念し、大倉山公園への道標として建てられたもの。脱線しますが映画「麒麟の翼」(HP)、とても見に行きたくてうずうずしています。デザインは日本橋のオブジェとは大分違いますが、つい連想しました。

★★★★
今年は一念発起、連日更新を目標にしています。もちろん休日のまとめ書きなのですが(^^ゞ ただ、この時点で記事のストックがなくなりましたので、そろそろ途切れそうな予感。奮起して10日先くらいまで記事を貯めておかないと…。1月1日だけ欠けましたが、どうせなら載せておけばよかったかも。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
おお、大倉精神文化研究所!
ここ、もう30年近く前ですが、雪の積もった日に友人と行ったことがあります。
どんな所か前知識無かった為、他に誰もいない周囲に不気味に佇む洋館の雰囲気に圧倒されたことを今でも良く記憶しております。
「精神文化研究所」という名前も不気味さを増幅していましたっけ。
2012/02/01(Wed) 00:09 | URL  | golf130 #8jHFfXP.[ 編集]
不気味な洋館
golfさん、コメント大感謝です!

知らずに出くわすと、さぞかし唐突で不思議な感じだったでしょう。お察しします。知ってて行っても、一瞬思考停止してしまいました。しかも、雪の日とはすばらしいです。「精神文化研究所」に閉じ込められて浦島太郎的になってたかもですよね(汗)。私も、全く同感の感想を持ちましたよ。

大倉さんは東洋大学の学長をしてたそうですが、同じ大学の学長だった井上円了の作った中野の哲学堂もまた摩訶不思議な空間ですよね。
2012/02/01(Wed) 05:04 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
哲学堂!
昔から何故か名前だけは知っていましたが、実際に行ったのは10年数年ほど前。
哲学→お堅い→かっちりした建造物という連想をしており、漠然とコンクリートのビル的なイメージを持っておりました。
ところが、摩訶不思議な異次元空間。驚きました。
2012/02/01(Wed) 07:39 | URL  | golf130 #8jHFfXP.[ 編集]
そうなんですよ!
コメントありがとうございます!

哲学堂。当方も、何となくホールみたいなものかと思ってました。身近にありますけど、隠れた不思議スポットなんですよね。
石やら何かにペタペタと説明が書いてあって、哲学的空間を全部クリアするのには、結構時間がかかりそうですね。無尽蔵・宇宙館・絶対城・・(笑) すごいです。

春秋に建物の中身を公開する期間があります。花見の時期にまた行ってみようかという気になりました。どうもありがとうございました!
2012/02/02(Thu) 08:07 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。