クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Classic Live】 ガスライトオータムコンサート
2012年02月03日 (金) | 編集 |
5214625329531.jpg


ガスライト オータムコンサート 
日本フィル 弦の調べとものがたりでつづる灯りの物語
2011/11/3(祝)18:00開演 
 於:がす資料館(小平)

ペッヘルベルのカノン
映画「ライムライト」より“テリーのテーマ”
ドン・ジョバンニのセレナーデ
アイネ・クライネ・ナハトムジーク 2楽章
小さな空
映画「マイ・フェア・レディ」より“君住む街角”
トランペット吹きの子守唄
禁じられた音楽
ペチカ
映画「モダンタイムス」より“スマイル”
アンダンテ・カンタービレ その他
バリトン:吉川 健一
日本フィル弦楽四重奏 vl:本田純一、山田千秋、
va:中川裕美子、vc:山田智樹、tb:伊波睦

 
【ガスライトコンサート】 
 日本フィル定期配っていたチラシに心奪われ、ガスライトコンサートに応募しました。2日公演で定員各50名。抽選に当たればコンサートを聴けます。当選者には下のはがきが届きます。入場料1000円。
 
5632144982635165465.jpg  563216546.jpg

 明治時代には点消方(てんしょうかた)というガス灯を夜点けて、朝消す職業があったそうです。その点消方を演じるバリトンの吉川健一がストーリーテラーとなって繰り広げられる音楽物語です。夜景や星をイメージする曲がちりばめられたドリーミングなプログラムです。吉川健一のはぎれのよいちゃきちゃきの江戸っ子語り口で、観客を魅了します。映画音楽やポピュラーな名曲が演奏された後、最後は聴衆もいっしょに「見上げてごらん夜の星を」の大合唱。

 ガスミュージアムの夜景と日本フィルメンバーによるコンサートという2つのニーズを満たしてくれるとても楽しい企画でした。2009年から毎年行われているそうです。また来年も行ってみたいと思います。休憩時間は別棟のくらし館でドリンクのサービスもあります。ガスミュージアムについては、建物中心にした記事を以前に書いています(こちら)。

PB030155.jpg

PB030148.jpg
こちらが会場の様子です。

★★★
建物前にもガス灯が1基あります。電気と違って、炎が揺らぐ感じがまた独自の風情を醸し出しますよね。
レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:日本フィル
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
その暖かみのある真摯で人間味あふれる表現は、ワルター独自の世界である。
2012/02/08(Wed) 09:50:39 |  クラシック音楽ぶった斬り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。