クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 旧片桐邸(中山文化村) 市川市
2012年02月04日 (土) | 編集 |
旧片桐邸(中山文化村)
総武線下総中山徒歩20分(HP)。現在震災の影響で公開休止中。洋風をとりいれたとても味のある建物です。再公開を心から楽しみにしています。

P3140561.jpg
 電気業界で成功を収めた片桐勝蔵氏が昭和13年に建てた木造2階建て日本家屋。勝蔵氏は、関東の電気問屋として東京芝浦電気(現東芝)や松下電気などとの取引を中心に事業を拡大。

P3140563.jpg   P3140565.jpg
玄関の門扉のデザイン、上部のステンドグラス、左上の門灯などいずれも凝った意匠です。

P3140572.jpg  P3140568.jpg
立派な床柱のある日本間と、右は洋間の応接室。

P3140571.jpg   P3140584.jpg
廊下の突き当たりには、誠にすばらしい円形のステンドグラスがあります(下写真)

P3140566.jpg

電気関係で財をなした人だけに、照明器具の豊富なデザインも見所です。
P3140578.jpg P3140579.jpg

P3140577.jpg  P3140586.jpg

P3140583.jpg P3140573.jpg

P3140585.jpg
今回のお気に入り写真。ステンドグラスのある洋間から望む日本庭園。

P3140567.jpg

P3140588.jpg
門柱の上にユニークな彫刻が施されています。

★★★★
看板がなければ通り過ぎてしまいそうな建物ですが、たくさん隠し味をもった素敵なお宅でした。説明してくれた方も大変親切で、どこをとっても満喫できた建物探訪でした。清華園とこの旧片桐邸とをひとくくりにして中山文化村と呼んでいるようです。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。