クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 桑名市散策 石取会館 桑名市博物館
2012年02月21日 (火) | 編集 |
石取会館
桑名市駅徒歩15分。入場無料。HP

P2120134.jpg
1925(大正14)年四日市銀行桑名支店として開業。その後石取会館としてリニューアル。

P2120133.jpg    P2120139.jpg

P2120138.jpg
石取祭の祭車などが展示されています。

桑名市博物館
桑名市駅徒歩15分。入場無料。HP

56132465987.jpg
「干支と吉祥 燃えよドラゴンズ」展が開催されていました。「干支の龍」と「ドラゴンズ」をかけている企画なわけですね。三重県、桑名市あたりでは中日ドラゴンズの熱狂的ファンが多いのでしょうね。

P2120143.jpg   P2120142.jpg
ドラゴンズグッズの展示。ファミコン野球ゲームの歴史までありました。

桑名のお土産には、名産蛤ですね。蛤しぐれというつくだ煮と、蛤汁粉をお土産に買いました。蛤しぐれはごくごく微量で1500円、蛤しるこは1個160円でした。

昔職場の八柱駅近くに焼き蛤の店があり、5個で1000円くらいと非常に良心的で美味しいお店(飲み屋さん)がありました。そこの親父さんがいつもいつも「その手は桑名の焼き蛤」と言っていたのを思い出します。数回行った当方たちが何回も聴いたくらいですから、その親父さんはトータルで何千回、何万回と言ってきたことでしょう。狩人が「あずさ2号」を、千昌夫が「北国の春」を、キングトーンズが「グンナイベイビー」を、尾崎紀代彦が「また逢う日まで」を歌った回数といい勝負かもしれません。(もっと良い例があったらぜひぜひ教えてくださいませ!)

確かその焼き蛤のお店、この辺だったと思います。


★☆
長良川揖斐川という大きな川が流れる桑名市は、のんびりした風情のある城下町ですね。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
桑名は、遥か昔、仕事で1回行っただけで、街を見る間も無かったのですが、なかなか素敵な所ですね。
今度もし行く機会があれば、ご紹介の箇所行ってみたいです。

ところで、こういう例もあります…円広志が「夢想花」で「とんで」と歌った回数。
結構ヒットした曲ですし、何しろ1曲の中で何回も繰り返されるのですから、トータルすると相当な回数だと思います。
2012/02/21(Tue) 22:26 | URL  | golf130 #8jHFfXP.[ 編集]
すばらしい!
「例」をありがとうございます!
桑名の焼き蛤親父もさすがに円広志には負けると思います。圧勝ですね(^_-)

当方が挙げた例だと、焼き蛤親父の方がおそらく勝ってるかもしれませんので、golfさんのおかげで有無を言わさず的に…(笑)

桑名行かれたことあったんですね。自分は初めてでした。桑名は観光で行くにはまとめて何かみるというほどではありませんが、六華苑は期待通り。揖斐川沿いはなかなかの景観でしたね。向こうに工場地帯が広がっているそのコントラストも面白かったです。
2012/02/22(Wed) 08:41 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。