クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Classic Live】 N響メンバーによる 早春コンサート
2012年02月23日 (木) | 編集 |
NHK交響楽団メンバーによる
早春コンサート
 
2/19(日)14:00開演 
 於:高輪区民センター 区民ホール

1)メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲のための4つの小品より 「主題と変奏」ホ長調op.81-1
   2)ベールマン:クラリネット五重奏曲 変ホ長調op.23
~第2楽章アダージョ
   3)シューマン:弦楽四重奏曲第3番 イ長調op.41-3
4)ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調op.115

白井篤, 齋藤麻衣子(vn)  村松龍(va)
宮坂拡志(vc) 伊藤圭(cl)


062451352814.jpg


 【早春コンサート!】 
 高輪区民ホールで開催される毎年恒例の早春コンサート。当方毎年楽しみにしているコンサートで、今回が3回目の参加!特に今回は、N響首席奏者としてあしかけ3年目になる伊藤圭氏のクラリネットが聴けるのもトピックの1つでした。伊藤さんは2曲目と4曲目での参加でした。

 最初の2曲は抜粋。メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲のための4つの小品は、コンサート冒頭にふさわしい春らしいさわやかな楽曲。細かく音を刻む旋律が印象的でした。2曲目のベールマンのクラリネット五重奏曲は2楽章。伊藤氏の優美な音色をじっくり堪能できる佳曲でした。
 シューマンの弦楽四重奏曲第3番。シューマンの才気煥発ぶりが随所に発揮された名曲ですね。変化に富んだ多彩な構成、絶えず繰り出される新鮮なメロディーなど聴きどころが満載です。2楽章の揺れ動き変化するフレーズ、ひたひたと迫りくるような切迫感は秀逸でしたし、4楽章の快活でにぎやかなユニゾンが印象に残りました。

 休憩をはさんでのブラームスのクラリネット五重奏曲。伊藤氏のインタビューが主催者kissポートの記事に掲載されていました(記事はこちら)。このインタビューでも、ブラームスやモーツァルトのクラリネット五重奏曲は、伊藤さんにとってとても大切な曲である旨のコメントがあります。
 クラリネットのリサイタルでは定番のこの楽曲。プロクラリネット奏者の数だけ演奏スタイルはあるでしょう。伊藤氏は、どんな演奏スタイル・解釈なのかが注目でした。4曲目のこの曲から第1ヴァイオリンが白井篤氏から齋藤麻衣子氏にチェンジ。この齋藤麻衣子氏が情緒的で美しさを際立たせた旋律を奏する一方、伊藤氏はあえて抑え気味の淡々としたトーンで呼応します。じわじわとわき出るように思いのたけが表出してくるようなイメージです。なかなか聴きごたえのあるアンサンブルでした。あえて第1に齋藤さんをもってきてコントラストが際立ったようにも思います。陰と陽、動と静という第1ヴァイオリンとクラリネットの対話が特徴的な、他とは違う独自な(ワンアンドオンリーな)解釈を聴けた気がします。
 アンサンブルの息がぴったりで、やや遅れて奏でるクラリネットの微妙な間も完成度が高いように思いました。推し量るにかなりの練習を積まれたのでしょうか。それともアイコンタクト的な勘の良さでしょうか。そんなことにも思いを巡らせました。

 アンコールは、ブラームスのハンガリー舞曲5番。クラリネット五重奏の編成で元気のよい演奏でしめくくり。ブラームスのクラリネット五重奏曲の余韻が強く残る中でのアンコール曲でしたので、少し手荒さが目立ちましたm(__)m

P2190004.jpg   P2190006.jpg

★★★★
伊藤氏のクラリネットを生で聴くのは、N響公演以外では初めてでした。大震災以来N響定期公演前のロビー室内楽が行われていないので、N響メンバーの室内楽編成での演奏を聴く機会が激減していますね。
 ちなみに、昨年の早春コンサートではオーボエの池田昭子さん、一昨年は元クラリネット首席奏者の横川晴児、磯部周平を交えてのアンサンブルでした。記事書かねばとは思っていてm(__)m
 このコンサート入場料1500円。港区のkissポート会員だと1300円で聴けるとてもCPの高いコンサートです。ふだんクラシックになじみのない方も気軽に参加できるようですね。楽章の間に拍手がでるのはいたしかたないところか(汗)。
レンタルCGI

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:NHK交響楽団
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。