クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸) in名古屋
2012年02月25日 (土) | 編集 |
文化のみち二葉館 (旧川上貞奴邸)
名古屋市東区。桜通線高岳徒歩10分。2005年移築復元。入館料200円。HP

P2120148.jpg
日本の女優第一号」と呼ばれる川上貞奴(1871-1946)が大正9年頃から昭和初期まで、「電力王」福沢桃介と暮らしていた邸宅を再生復元したもの。

P2120186.jpg  P2120183.jpg
「二葉御殿」と呼ばれ、政財界人や文化人の集まるサロンとしても使われていました。

P2120167.jpg    P2120164.jpg
川上貞奴は、川上一座の川上音二郎と結婚し、アメリカやヨーロッパを巡業。パリ万博ではマダム貞奴として名を馳せました。

P2120185.jpg  P2120187.jpg
1階大広間の華麗なステンドグラス。

P2120178.jpg
2階踊り場。ランプの図柄が大正ロマン風ですね。

P2120180.jpg    P2120179.jpg
左:2階の旧支那室。右は旧書斎のステンドグラス。

P2120150.jpg
洋風住宅専門会社『あめりか屋』による米国住宅デザインを取り入れた和洋折衷の建物。

P2120191.jpg
サロンの大ステンドグラスの裏側。正面玄関ポーチです。

P2120152.jpg

【文化のみち 施設群】
文化のみち」とは、名古屋城の東側一帯に残る文化遺産の保存地区のことで、大正から昭和初期に企業家らの邸宅が建てられたため、近代建築も数多く残されています。近代建築を中心にリストアップしてみました。クリックすると各記事に飛びます。

名古屋市市政資料館
旧豊田佐助邸
旧春田鉄次郎邸
春田文化集合住宅
カトリック主税町教会
文化のみち橦木館
文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)
金城学院高校栄光館
日本陶磁器センター
名古屋市役所本庁舎
愛知県庁本庁舎

★★★★☆
出かけた日はちょうどひな祭りのイベントを行っていて、写真撮影に制限がありました。かなり残念でした。もっと大広間・大階段付近の写真は欲しかったですね(泣)。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。