クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 カトリック主税町教会 文化のみち(名古屋)
2012年03月06日 (火) | 編集 |
カトリック主税町教会 文化のみち(名古屋)
名古屋市東区主税町3-33。HP

【聖堂と鐘楼】
P2120292.jpg
聖堂(1904年)と鐘楼(1990年復元)。聖堂正面の三連アーチが特徴的。


【信者会館】
P2120293.jpg
右の建物が信者会館。明治中期竣工。国有形登録文化財
寄棟造桟瓦葺、中央に切妻造玄関を構える。中廊下式平面になり、南面にベランダを設ける。外壁は下見板張で、白いペンキが塗られる。コロニアルスタイルを基本とする明治期洋館。(国指定文化財等データベースより引用)

【司祭館】
P2120296.jpg
昭和5年竣工。国有形登録文化財
寄棟造桟瓦葺、逆L字形屋根で、東面に小屋根を突き出す。北面西寄りに庇をかけ、玄関とする。外壁は下見板張、ペンキ塗。東面に1、2階通しのベイウインドゥを設け、外観に変化を与える。(国指定文化財等データベースより引用)

【煉瓦塀】
P2120297.jpg
明治中期。国有形登録文化財
切石を2段積み、その上にイギリス積とし、上部は笠石状に張り出す。敷地内側には3.7m間隔で、幅22㎝、出12㎝の控柱を付ける。主税町の伝統的な町並みを構成する一要素。(国指定文化財等データベースより引用)

【文化のみち 施設群】
文化のみち」とは、名古屋城の東側一帯に残る文化遺産の保存地区のことで、大正から昭和初期に企業家らの邸宅が建てられたため、近代建築も数多く残されています。近代建築を中心にリストアップしてみました。クリックすると各記事に飛びます。

名古屋市市政資料館
旧豊田佐助邸
旧春田鉄次郎邸
春田文化集合住宅
カトリック主税町教会
文化のみち橦木館
文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)
金城学院高校栄光館
日本陶磁器センター
名古屋市役所本庁舎
愛知県庁本庁舎

★★★
近代建築に対する嗅覚は、鈍感な当方でもわずかずつ進歩しています。この煉瓦はいいぞと思って撮影して正解。価値の高いものでした。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。