クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】 名古屋市市政資料館
2012年03月09日 (金) | 編集 |
名古屋市市政資料館
東区白壁1-3。旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎。HP国重要文化財。1922(大正11)年竣工。地下鉄名城線市役所駅徒歩8分。入館無料。

P2120371.jpg
赤い煉瓦壁と白い花崗岩の色調の対比が美しいネオ・バロック様式を基調とする官庁建築である。内部の意匠は総じて簡素ではあるが、二、三階を吹抜けとした中央階段室と三階の会議室は優れた意匠で見どころとなっている。構造は煉瓦壁と鉄筋コンクリート造の梁や床を組み合わせたもので、近代建築の構造技法の変遷を示す好例である。設計は司法省営繕課があたり、金刺森太郎が現場を担当した。(国指定文化財等データベースより引用

P2120426.jpg
入口を入ると正面奥には壮麗なステンドグラス。ネオバロックの意匠を尽くした空間が広がります。

P2120408.jpg   P2120407.jpg
階段付近の印象深い佇まい。ステンドグラスから入る光がまばゆいです。

P2120381.jpg    P2120385.jpg

P2120429.jpg
夢中で数多くの写真を撮り続け、ようやく撮りたかった写真の1枚です。

P2120418.jpg   P2120381.jpg
地下から見上げる階段付近。

P2120387.jpg    P2120419.jpg
中庭から眺める塔屋。右は独居房です。

P2120389.jpg   P2120391.jpg
陪審法廷と天井に煌めくステンドグラス。

P2120400.jpg
会議室。

P2120436.jpg

【文化のみち 施設群】
文化のみち」とは、名古屋城の東側一帯に残る文化遺産の保存地区のことで、大正から昭和初期に企業家らの邸宅が建てられたため、近代建築も数多く残されています。近代建築を中心にリストアップしてみました。クリックすると各記事に飛びます。

名古屋市市政資料館
旧豊田佐助邸
旧春田鉄次郎邸
春田文化集合住宅
カトリック主税町教会
文化のみち橦木館
文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)
金城学院高校栄光館
日本陶磁器センター
名古屋市役所本庁舎
愛知県庁本庁舎

★★★★
映画やドラマのロケ地としても大変有名なこの建物。入口入ったところの中央階段室は、芸術的な高みにある作品ですね。胸のすく思いの市政資料館です。中もじっくり落ち着いて鑑賞できますし、見て回るにもかなりの広さがあります。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。