クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007 N響ソリスト ベスト10
2008年03月19日 (水) | 編集 |
3/16(日)のN響アワーで、昨年N響のコンサートで「最も心に残った」ソリストのベストテンが発表されました。定期会員による投票をもとにしたデータです。

当方、アンドレ・プレヴィンモーツァルトのピアノ協奏曲第24番の弾き振り(ピアノを演奏しながら指揮もする)にいたく感動し、迷わず投票していたのでワクワクどきどきしながら順位の発表を見守りました。第1位に輝いてとてもうれしかったです。やはり皆さんの多くとも一致する意見だったんですね。

第1位 アンドレ・プレヴィン(p) 9月Aプロ
第2位 フランク・ペーター・ツィンマーマン(vn) 12月Aプロ
第3位 アラベラ・美歩・シュタインバッハー(vn) 10月Bプロ

第4位 アンナ・トモワ・シントウ(ソプラノ) 4月Cプロ
     ライナー・キュッヒル(vn) 12月Bプロ
第6位 ジャン・イヴ・ディボーデ(p) 9月Cプロ
第7位 小山美稚恵(p) 10月Cプロ
     清水和音(p) 6月Aプロ
第9位 ルドルフ・ブフビンダー(p) 5月Cプロ
第10位 デニス・グレーヴス(メゾ・ソプラノ) 1月Aプロ

ところで、番組中アンドレ・プレヴィン氏のインタビューも盛り込まれていました。モーツァルトについて、次のようなコメントがありました。
◆「モーツァルトは最も偉大な作曲家です。書いたものすべてが完璧なのです。どんなに聴いても勉強しても演奏してもいつも新しい。いつも驚きに満ち美しい
プレヴィン氏のモーツァルトに対する敬愛の念がよく伝わってくる言葉です。

第2位ツィンマーマンの「ベルク作曲ヴァイオリン協奏曲」でも優美で端正なヴァイオリンに酔い痴れました。ただし、俗人の当方としてはもう少し有名どころの曲であったならという不見識かつ勝手な理由で投票していません。

アラベラ・美歩・シュタインバッハーの「ベートーヴェン作曲ヴァイオリン協奏曲」は生では聴いていません。放送で初めて聴いたのですが、すごいですね、この人のヴァイオリン!ほとばしり出る情熱的でエネルギッシュな演奏で、ベートーヴェンの名旋律に新たな息吹が吹き込まれたような印象を受けました。スマートな容姿からは想像できないほどの豪快さです。

つたないブログですが、ポチっとお願いできたらm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。