クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画】 あなたへ
2012年09月28日 (金) | 編集 |
あなたへ
8152465463333.jpg

監督:降旗康男
原作:森沢明夫
脚本:青島武
出演:高倉健 田中裕子 佐藤浩市 草なぎ剛 余貴美子 綾瀬はるか
三浦貴大 大滝秀治 長塚京三 原田美枝子 浅野忠信 北野武
2012年 東宝
公式HP


 高倉健6年ぶりの主演作品。亡き妻の遺骨を故郷長崎佐世保の海に撒くため、車で旅する傷心の男と、旅先で出会う人々とのふれあいを描いた作品。網走番外地シリーズをはじめとして、長年高倉健とタッグを組んできた降旗康男入魂の映画作品です。(以下ネタバレあり)

 過去高倉健のキーワードにありがちだった「刑務所」ですが、今回も刑務所の指導技師という役柄。切っても切れないモチーフ・トレードマークですね。亡き妻との心の通い合いなどが、回想シーンなどからよく伝わってきます。田中裕子のしみじみとした味わい深い演技が魅力です。
 
 旅する中で知り合ったいかめしの店頭販売で地方を転々としている草なぎ剛。はっきりと自分の気持ちをぶつけてくるキャラクターは、とても板についていて似合ってました。同じく店頭販売の佐藤浩市はどことなく遠慮がちな影のある男ですが、これが映画の終盤の人間模様を解く大きなカギとなる人物でした。

 夜遅くに高倉健を訪ねてきた佐藤浩市は、佐世保で船を手配してもらうならと、知り合いの釣り舟屋を書いたメモを手渡しました。メモには、大滝秀治の釣り舟屋の住所などが書いてありました。

 ところで、このメモをもって釣り舟屋を訪ねたとき、大滝秀治や余貴美子はこの筆跡を確かみましたよね。そこにカギがあります。余貴美子は海難事故で夫を失い、娘綾瀬はるかと大衆料理店を営んでいます。高倉健が船で妻の散骨をする際に、海に沈んでいる亡き夫に、娘たちの婚約を知らせてほしいと余貴美子から渡されたカップルの写真(三浦貴大と綾瀬はるか)。なぜか高倉健は、散骨の際にあえてこの写真は海には流しません。

 嵐の中で高倉健と酒を酌み交わし、お互いの過去を語り合う余貴美子とのやりとりが秀逸です。また、無骨ですが、思うところ非常に深い、年輪を極めた大滝秀治の存在感がまたすばらしいです。北野武は高倉健との人間関係に彩りを添える役どころでしたが、わたくし的には???でした。

★★★
綾瀬はるかのストレートな感情表現は見ていて共感を呼びますね。来春の大河ドラマも楽しみです。
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
頑固な船長(大滝秀治)の船で散骨するシーンは、観ている方は感無量だが、あくまでも静かである。礼儀をわきまえ、察して見過ごさず、されど出しゃばらない。監督と高倉健のハイレ...
2012/09/28(Fri) 06:16:51 |  作曲♪心をこめて作曲します♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。