クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Classic Live】 N響 9月A定期 マーラー9番 プレヴィン
2012年09月29日 (土) | 編集 |
NHK交響楽団
9月定期演奏会Aプロ
 
9/15(土)18:00開演 
 於:NHKホール

マーラー 交響曲第9番
指揮:アンドレ・プレヴィン
NHK交響楽団


 【プレヴィンのマーラー】 
 プレヴィン氏のレパートリーの広さは知っていましたが、定期公演でマーラーを取り上げるとは少し驚きでした。氏の指揮によるマーラーのCD発売も過去にはないのでは?

 過度な感情移入を排し、透明感が際立つ静謐感をたたえた演奏にその真骨頂があるようです。特に4楽章での最弱音が神々しくも清澄に響き渡り、潤いをたたえてしみわたってくるような情感は、プレヴィン氏の独特の音楽世界だと思います。とても心地よかった。
 この曲の持つ寂寞とした悲壮感や無常感などとは無縁な演奏で、優美で気品があり、優しく包まれるようなマーラーだったという印象です。淡々と気高く振り続けるプレヴィンに応えるN響もしっかり意図を汲んでおり、N響プレヴィンのコラボはまた新たな蜜月関係に入ったようにも思いました。

★★★★
マーラーの交響曲を家や移動中に聴くときには味わえないような深みがライブでは味わえますね。特に終楽章の最弱音が続くあたりは、生で聴いて初めて理解できる部分が多々ありました。ぜひライブの魅力を皆さんにも!レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:NHK交響楽団
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。