クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第576回 紀伊国屋寄席 12/30(日)
2012年12月31日 (月) | 編集 |


第576回 紀伊国屋寄席

■ 12/30(日)18:30 紀伊國屋ホール


1. 入船亭遊一:ぞろぞろ

2. 三遊亭萬窓:三井の大黒

3. 柳家さん喬:鼠 穴

4. 昭和のいる こいる

5. 柳家小さん:碁どろ


gf5623513.jpg

【紀伊國屋寄席】
 毎月定例の紀伊國屋寄席。月曜開催が多いので、定期的に行くことは無理ですが、12月師走の会はいつも暮れも押し迫った頃に行われるので、1年の聴き納めの会として楽しみにしています。

入船亭遊一のぞろぞろ。神様が出雲に行って…、誰がどうしてどうなったという脈絡・筋書き、5W1Hが頭に入ってきませんでした。まあ草鞋がご利益でどんどん売れたには売れたんでしょうけれど。三遊亭萬窓の三井の大黒。楽しみにしていた噺。左甚五郎のキャラクターは面白くは描かれていました。甚五郎の神がかり的なところがもっと出ると良かったです。柳家小さんの碁どろ。枕でも落ち着きや貫禄が出てきました。泥棒の間抜けなところがもう少し飄々と出せると良かったです。

柳家さん喬の鼠穴。期待通り、期待以上の出来栄えで大いに感動いたしました。夢になってからの兄さのまあ憎たらしいこと、それと対照的に竹次郎が首をくくるまでの流れのあまりに哀れで悲しいこと。みじめであわれな竹次郎にどっぷり感情移入して、すっかりどんよりしてしまいました。さん喬師匠の人物描写・背景描写が実に巧みで、約40分ほどの長講でしたが、息をもつかせぬ緊張感あふれる熱演でした。今回はこの演目が一番のお目当てでもあり、大満足の年越し落語でした。帯久とも雰囲気がかぶるところがありますね。火事で身代を失ってしまう恐ろしさ、非人情な兄・帯屋久七とがオーバーラップします。

★★★★
当方、クラシック、ジャズ、落語、絵画、近代建築巡りという5本柱で行動しています。今年をごく簡単に回顧すると、クラシックは、日フィル、N響の定期会員を軸に、恒例のLFJ、そして手を広げてジャニーヌ・ヤンセン、アンヌ・ケフェレックくらいまで。回数は前年比で、軸以外の部分・プラスアルファ部分が随分少なくなりました。ジャズは残念ながらコンコードジャズのみ。落語は雲助師匠の追っかけを始めた関係で、定席を含めて前年比で倍くらいになりました。小三治師匠の追っかけ回数は随分減りまして、今年は3回行ったくらいでした。展覧会は、自分にとっての向き不向きがあることが大分理解できてきたので、興味のもてそうなものに限りおよそ月1~2回ペース。これも前年比で少し減りました。近代建築巡りは、関東近郊で見て歩くところが減ってきた関係上、山形、岐阜、松本、大阪、栃木などへと足を伸ばし、休みの度にどこへ出かけようかと虎視眈々と計画を立てています。
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング  
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。