クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】旧鶴岡警察署庁舎 (鶴岡散策11)
2014年06月03日 (火) | 編集 |
旧鶴岡警察署庁舎
P5060246.jpg
撮2012.5.6
文化財国重要文化財
竣工1884(明17)年
場所鶴岡市家中新町10-18
公開致道博物館 入館料大人700円(HP)
旧鶴岡警察署庁舎は、致道博物館の事務棟として使われています。建物内は見学できません。

P5060248.jpg
明治初期の擬洋風建築。 和風建築の木造入母屋造りで破風妻飾りなどを施し、ベランダや車寄せ、下見板張りに上げ下げ窓などの洋風建築を取り入れています。

P5060271.jpg
破風妻飾り

P5060270.jpg
下見板張りに上げ下げ窓

P5060269.jpg

★★★★
初代山形県令三島通庸が、新しい近代化をシンボリックに伝えるため、県内随所に近代建築の建設を命じました。地元の棟梁高橋兼吉による設計の擬洋風建築です。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】旧西田川郡役所 (鶴岡散策10)
2014年06月02日 (月) | 編集 |
旧西田川郡役所
P5060253.jpg
撮2012.5.6
文化財国重要文化財
竣工1881(明14)年
場所鶴岡市家中新町10-18
公開致道博物館 入館料大人700円(HP)

致道博物館内には数棟の歴史的建造物が移築保存されています。旧西田川郡役所は、時計塔をもつ木造2階建てのルネッサンス様式をとりいれた擬洋風建築。

P5060244.jpg
遠くからもかなり目を惹く建物です。時計が珍しかった当時はもっともっとインパクトがあったことでしょうね。

P5060256.jpg

P5060267.jpg
塔屋へ昇る階段は、つり階段とよばれるもの。下から支える柱などがありません。

P5060263.jpg

P5060265.jpg
内部は考古学資料、庄内関連史料などが展示されています。

P5060264.jpg

P5060260_201406051004248a8.jpg
遠くから近くから、方向を変えて・・それぞれ表情を変えるこの建物は絶品ですね。近代建築ファンにはこたえられません。

旧西田川郡役所と旧東田川郡役所も対比してみましょうか。
P5060035.jpg
旧東田川郡役所 こちらは再建されたということもあり、純和風です。

★★★★
時計台のある建物には、当方とても思い入れがあります。札幌時計台などをまず思い出しますが、旧山形県庁舎 文翔館(記事)、大阪生駒ビルヂング(記事)なども改めてご紹介します。また野良時計の記事(こちら)も書いたことがあります。これもまた大好きですね。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】大寳館 (鶴岡散策9)
2014年06月01日 (日) | 編集 |
大寳館
P5060227.jpg
撮2012.5.6
文化財鶴岡市指定有形文化財
竣工1915(大4)年
場所鶴岡市馬場町4-7
公開無料(HP)
鶴岡公園内に建つ大寳館は、オランダバロック風の窓とルネッサンス風のドームを持つ擬洋風建築。大正天皇の即位を記念して建てられた建物。

P5060230.jpg
バルコニーや屋根の装飾はとても印象に残ります。

P5060234.jpg

P5060240.jpg

P5060232.jpg
現在は鶴岡出身の郷土人物資料展示施設です。上の写真は高山樗牛の生家を再現したもの。

P5060225.jpg
白鳥が泳ぐお濠に浮かぶ白亜の殿堂。美景だと思います。

★★★★
実に感慨深い、まさに来てよかったと感動した建物です。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】庄内藩校 旧致道館 (鶴岡散策8)
2014年05月27日 (火) | 編集 |
庄内藩校 旧致道館
P5060223.jpg
撮2012.5.6
文化財国指定史跡
竣工1805年創建 1965(昭40)年復元
場所鶴岡市馬場町11-45
公開無料(HP)
庄内藩の藩校として、鶴ヶ岡城城内三の丸に置かれていました。庄内武士の質実剛健の気風が伝わってくる史跡です。

P5060205.jpg
表御門

P5060207.jpg
孔子を祀る聖廟

P5060208.jpg

P5060211.jpg
講堂

P5060220.jpg

P5060203.jpg

★★☆
講堂の建物内は大変広く、見学箇所もたくさんあります。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】鶴岡カトリック教会 天主堂 (鶴岡散策7)
2014年05月26日 (月) | 編集 |
鶴岡カトリック教会
P5060177.jpg
撮2012.5.6
文化財国登録有形文化財
竣工1903(明36)年
場所山形県鶴岡市馬場町7-19
公開無料(HP)
赤いとんがり屋根は、鶴岡のランドマーク。 フランス人ダリベル神父によって建てられた明治ロマネスク様式建築の傑作。

P5060185.jpg
正面奥の祭壇。

P5060187.jpg
もう少し近づいて接写。

P5060184.jpg
ステンドグラス風の窓かと思いますが、実は違います。透明な紙に描かれた聖画を2枚のガラスではさんで貼った窓絵と呼ばれるもので、日本で現存するのは、鶴岡カトリック教会だけなのだそうです。

P5060189.jpg
壁面に多数ある丸窓のデザイン。

P5060192.jpg
入口付近。

P5060188.jpg
この教会の最大の見所ポイントの1つ。祭壇左の黒いマリア像。 経緯など謎も多いです。

P5060196.jpg

P5060174.jpg
最後に全体像。

★★★★☆
近代建築の教会は各地に数々ありますが、ここまで公開してきちんと細部までみせてくれる教会は大変少なく貴重ですね。とてもありがたいです。独特の空気が流れる荘厳で身の引き締まる時間でした。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】旧風間家別邸 丙申堂 (鶴岡散策6)
2014年05月25日 (日) | 編集 |
旧風間家住宅 丙申堂
P5060161.jpg
撮2012.5.6
文化財国登録有形文化財
竣工1896(明29)年
場所鶴岡市馬場町1-17
公開大人400円 小中学生200円※釈迦堂とセット料金 4/10-10/31公開(HP)
風間家の旧邸。明治29年丙申の年に建造。同じく風間家別邸の釈迦堂からは約500m。

P5060140.jpg
約4万個の石が置かれた石置き屋根は、現存するものとしては大変貴重なもの。防火目的もあるようです。

P5060165.jpg

P5060166.jpg

P5060168.jpg
映画「蝉しぐれ」のロケ地として使われた小座敷。文四郎(市川染五郎)とおふく(木村佳乃)が最後に再開を果たし語り合ったシーン。

P5060173.jpg
小座敷から望む庭。大雨に濡れる庭も風情がありました。

P5060127.jpg
入口の風間銀行の提灯。現在の荘内銀行の前身です。

P5060129.jpg
旧店舗。

P5060146.jpg

P5060120.jpg

★★★☆
とても熱心なガイドの方が、詳しく解説してくれました。翌年の正月には年賀状も届きました。釈迦堂でもそうでしたが、心尽くしのおもてなしですね。
 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】旧風間家別邸 無量光苑釈迦堂 (鶴岡散策5)
2014年05月24日 (土) | 編集 |
旧風間家別邸 無量光苑釈迦堂
P5060118.jpg
撮2012.5.6
文化財国登録有形文化財
竣工1910(明43)年
場所鶴岡市泉町6-20
公開大人400円 小中学生200円※丙申堂とセット料金 4/10-10/31公開(HP)
風間家の旧別邸。数奇屋造り建築。風間家は代々浄土真宗に信仰が厚く、建築時より上座敷に「無量光」の額(黄檗木庵書)を掲げてあったことに因み、八代目当主、幸右衛門が建物と庭園を含めて「無量光苑」と名付けました。

P5060105.jpg
風間家は、庄内藩の御用商人として呉服・太物屋を営み、幕末には鶴岡第一の豪商となりました。

P5060106.jpg
激しい雨の中の訪問でした。趣深い庭園です。時の流れに引き込まれていきそうな錯覚にとらわれます。

P5060116.jpg
床の間にも大変凝った彫刻が施されています。

P5060111.jpg
釘隠しひとつひとつも意匠が凝らされています。

P5060119.jpg

★★★★
係りの方がとても温かいおもてなしをしてくださったのも印象に残りました。にわか雨が激しかったので、少し小降りになるまでゆっくりしていってくださいとおっしゃってくださいました。観光というより、お宅に招かれてうかがったような気分になりました。
 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】 藤島から鶴岡へ(鶴岡散策4)
2014年05月23日 (金) | 編集 |
【藤島から鶴岡へ】

藤島・鶴岡間はJR羽越本線で1駅、約7分です。
P5060001_20140528104024aea.jpg

だいたい1時間に1本ペースなので、次の電車を確認してから行動しないとはまります。
P5060003_20140528104025ba0.jpg

P5060006.jpg
藤島駅は、周囲にはほとんどなにもない無人駅です。

P5060100.jpg
切符はポストの入れ物に入れます。

P5060097.jpg
駅前のトイレの貼り紙。利用者の多くは庄農(庄内農業)生なんですね。「小玉やさん」とか、ローカルな感じでいいですね。庄農生の皆さんは、とても礼儀正しかったですよ。明るく大きい声でためらいなく「こんにちは」って挨拶してくれて感動しました。

ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】 旧東田川電気事業組合倉庫 (鶴岡散策3)
2014年05月20日 (火) | 編集 |
旧東田川電気事業組合倉庫
P5060073.jpg
撮2012.5.5
文化財県指定登録有形文化財
竣工1924(大13)年
場所山形県鶴岡市藤島字山ノ前99
公開無料 東田川文化記念館として公開(HP)
東田川電気事業組合の倉庫として利用されていた建物。現在は展示館・資料館として活用されています。

P5060076.jpg
正面の「東」のシンボルマークは、電気をイメージしたとてもインパクトのあるデザインですね。

P5060077.jpg
郷土の資料

P5060081.jpg
とても急な階段ですね。

P5060092.jpg
藤島駅までの道すがら、民家の戸袋に凝った意匠が施されてました。花の蜜を吸う蝶でしょうか。

P5060008.jpg
藤島駅周辺には米倉庫も。

★★★
3つの建物内も自由に見学でき、展示物も興味深いものがたくさんありました。1時間くらい見学時間があればじっくりみられるでしょう。
 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】 旧東田川郡役所 (鶴岡散策2)
2014年05月19日 (月) | 編集 |
旧東田川郡役所
P5060034.jpg
撮2012.5.5
文化財県指定登録有形文化財
竣工1887(明20)年
場所山形県鶴岡市藤島字山ノ前99
公開無料 東田川文化記念館として公開(HP)
明治12年頃建築された洋風建築の郡役所が明治19年の大火により消失。純和風な平屋建築の郡役所に立て直されました。棟梁は山形県内で名建築を残した高橋兼吉。山居倉庫(酒田市)、西田川郡役所(鶴岡市)などの作品があります。

P5060037.jpg
建物内は、郷土史的な展示品がたくさんあります。ただ、この建物内に入れるのかがわからなかったのですが、おそるおそる正面の引き戸を開けてみてびっくり。広い建物のすみずみまでとても見ごたえがありました。うっかりして見過ごさなくてよかったです。

P5060040.jpg
懐かしい囲炉裏や火鉢。

P5060052.jpg
郡役所の郡長の執務室を再現しています。

P5060055.jpg
手作り工芸の椅子ですね。

P5060035.jpg

★★★☆
純和風な感じの建物ですね。GW中ですが、来訪者は見学終了時まで自分だけでした。やっぱりGW中にはこういう穴場を探訪するのがよいですよ。
 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。