クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】松本高等学校本館(松本散策4)
2014年06月13日 (金) | 編集 |
松本高等学校本館
P3090123.jpg
撮2012.3.9
文化財国指定重要文化財
竣工1920(大9)年
場所長野県松本市県3-1-1
公開あがたの森文化会館 公開施設
木造2階建て。変形のコの字型に建てられた校舎です。正面のデザインがあまり類例をみない形で秀逸ですね。

P3090117.jpg
中庭から校舎を遠望

P3090142.jpg
玄関ポーチ

P3090135.jpg

P3090129.jpg
再現された校長室

P3090132.jpg

P3090139.jpg
当時の教室

P3090136.jpg

P3090137.jpg

P3090172.jpg
あがたの森公園入口。右が高校本館、左が高校講堂です。

★★★★
雨男なんですかね。とっておきの探訪時にもいつも雨。このときは雪も午後からちらつき始めました。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】松本高等学校講堂(松本散策3)
2014年06月12日 (木) | 編集 |
松本高等学校 講堂
P3090144.jpg
撮2012.3.9
文化財国指定重要文化財
竣工1922(大11)年
場所長野県松本市県3-1-1
公開あがたの森文化会館 公開施設
あがたの森文化会館内に、旧松本高等学校の本館と講堂の2棟が保存されています。

P3090152.jpg
講堂内の大ホールは約100坪の広さ。シャンデリアや窓などの意匠が凝っています。

P3090158.jpg
演台の上部の装飾。クリーム色の色合いが温かい雰囲気。

P3090148.jpg
2階のバルコニー席が面白いですね。

P3090162.jpg
控え室

P3090166.jpg
2階へと続く階段。

P3090167.jpg
見学範囲はここまで。

P3090169.jpg
脇の入口。今回活躍した当方の愛車(レンタサイクル)も写っています。

P3090171.jpg

★★★★
本館の方の事務所で声をかけて、担当の方に講堂の鍵を開けてもらって見学するという仕組みになっていました。開けてもらってみる価値は十二分にありました。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】松商学園高校本館/講堂(松本散策2)
2014年06月11日 (水) | 編集 |
松商学園高校本館
P3090110.jpg
撮2012.3.9
文化財国登録有形文化財
竣工1936(昭11)年
場所松本市県3丁目2312番地2
公開事前予約必要
木造2階建ての校舎。

P3090111.jpg


松商学園高校講堂
P3090113.jpg
撮2012.3.9
文化財国登録有形文化財
竣工1936(昭11)年
場所松本市県3丁目2312番地2
公開事前予約必要
左側の建物。昭和初期における鉄筋コンクリート造講堂。妻部の3本の柱が特徴的。

★★★
山辺学校の帰途に立ち寄りました。生徒がたくさん校庭にいましたので、あまりお邪魔せずに遠目で見学しました。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】旧山辺学校校舎(松本散策1)
2014年06月10日 (火) | 編集 |
旧山辺学校校舎
P3090106.jpg
撮2012.3.9
文化財県宝
竣工1885(明18)年
場所長野県松本市里山辺2930-1
公開100円 山辺学校歴史民俗資料館として公開(HP)
大工の棟梁佐々木喜十によって建てられた擬洋風建築。開智学校がギヤマン校舎と呼ばれるのに対し、山辺学校は障子学校と呼ばれ親しまれています。和風の部分が色濃く出ている特徴を表現していますね。

開智学校とならぶ松本市の明治期学校建築。一番のお目当てお開智学校などは松本市街中心部なので、後にとっておき、まずは一番遠方で行きづらい旧山辺学校へ向かいました。

P3090075.jpg
八角塔の先端には東西南北の文字の書かれた避雷針。

P3090109.jpg
裏正面からの景観。

P3090080.jpg
館内は郷土資料の展示。

P3090083.jpg

P3090099.jpg
江戸時代の駕篭ですね。

P3090097.jpg
当時の教室。

P3090096.jpg
こちらは大教室。

P3090084.jpg
機織り道具。

P3090074.jpg

★★★★★
松本駅付近でレンタサイクル(HP)を借り、約5キロぐらい東にある旧山辺学校校舎を目指しました。とにかく当方方向音痴なので、3時間近くさまよった果てにようやくたどり着きました。結局何一つ見学できずに帰るのかという絶望感さえ、途中で漂ってきました(^^;)  レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
【Classic Live】 N響定期 Aプロ 1784回
2014年06月09日 (月) | 編集 |
NHK交響楽団
6月定期演奏会Aプロ
 
6/8(日)15:00開演 
 於:NHKホール

1)グラズノフ:交響詩 ステンカ・ラージン
   2)プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番
   3)チャイコフスキー:バレエ音楽 くるみ割り人形から第2幕
   

指揮:ウラディーミル・アシュケナージ
ヴァイオリン:パトリツィア・コパチンスカヤ2)
NHK交響楽団


 【簡単な紹介と感想】 
 N響桂冠指揮者のウラディーミル・アシュケナージさん。去年はN響定期に登場しなかったので、お元気かなと何となく心配していたのですが、駆け足で指揮台に向かう姿、音楽を満喫するように楽しそうに指揮する姿をみて健在ぶりを大いにアピールしていました。今回のAプロはロシアプログラム。

ステンカ・ラージンは、耳に馴染んだ第1テーマと、クラリネット、オーボエのソロなどで多彩に聴かせる王女の第2テーマからなる交響詩。ボロディンに捧げられたというこの楽曲は、ボロディンを彷彿とさせる異国情緒豊かなフレーズなども盛り込まれています。

 プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲は、パトリツィア・コパチンスカヤの伸びと張りのあるヴァイオリンが印象的で、特に第二楽章の優美な旋律は筆舌に尽くしがたい美しさがありました。自由闊達な演奏が目立つため、オケとの相性についてはどうだったでしょうか。
 コパチンスカヤさんは白いドレスの裾をたくしあげながら、裸足での登場。アンコールは歌いながらのとても短い楽曲。笑いも起きていましたが、私には全く理解できない??の世界でした。理解力が低すぎるのかなm(_ _)m

 くるみ割り人形は、とても楽しみな楽曲。大らかなで伸び伸びした音作りのアシュケナージさんにはぴったりかなという期待通りの演奏。オケをよく歌わせ、伸びやかな奥行きのある空間を作り出していました。チェレスタやハープなどで醸し出されるまるで音楽のおとぎの国といった風情でした。

★★★
お客さんの入りもかなり多かったので、やはりコンサートは楽曲の人気(くるみ割り人形)によるところも多いのかなという感想をもちました。レンタルCGIにほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
テーマ:NHK交響楽団
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。